透析

スポンサーリンク
透析関連のトップページ

透析

腎臓の働き

排泄機能
代謝老廃物
恒常性機能
体液量、浸透圧、電解質平衡、酸塩基平衡
内分泌機能
エリスロポエチンの産生
ビタミンDの活性化
レニンの産生
活性酸素消去
→腎臓の働きについて

透析でできること

水分調節ダイアライザ
老廃物排泄ダイアライザ
電解質調節ダイアライザ
pH調節ダイアライザ
ホルモン×
ビタミンD×
透析の原理

拡散:濃度差
濾過:圧力

→原理について
分子量
尿素60
クレアチン113
β-MG11800
α-MG33000
アルブミン66000

分子量について
透析膜 ダイアライザ
PS
PEPA
PES
PAES
PMMA
EVAL
PAN
CTA

ダイアライザ

機能分類

a型
<0.03
b型
0.03≦
s型
II型
70≦
II-aII-b
I型
<70
I-aI-b
→機能分類について
抗凝固薬
ヘパリン
→抗凝固薬について
穿刺方法
穿刺方法について

フットケア
透析指標について
性能指標、効率指標

透析関連薬剤

透析関連薬剤について

ドライウエイト

2日間の体重増加を 6%未満にすることが望ましい
平均除水速度は,15 mL/kg/時以下を目指す
体重増加の管理には,適正な塩分制限と水分制限を指導する
ドライウエイトの適正な設定は,透析患者の QOL と予後を左右する
ドライウエイトについて

検査データ

spkt/v 1.4
n-PCR 0.9
透析検査データについて
→全検査データについて

コンソール

コンソール

バスキュラーアクセス

シャント種類
コアグチェック

性能指標

クリアランス
ふるい係数
UFR

透析効率指標

除去率
除去量
クリアスペース
クリアスペース率
Kt/V
TACurea
透析液
Na+ 140
K+ 2.0
Ca++ 2.75
Mg++1.0
Cl- 110
CH3COO- 8
HCO2- 27.5
C6H12O6 125
透析液について
HD
拡散を利用
小分子物質の除去に優れる
HF
濾過を利用
中大分子物質の除去に優れる
血圧低下予防 中大分子
掻痒起因物質
関節痛起因物質
増結阻害物質
HDF
血液透析(HD)と血液濾過(HF)を同時併用した血液浄化法
拡散+濾過
幅広い分離量の溶質除去可能
透析低血圧予防
OHDF
血液透析+高効率な中大分子量物質除去
かゆみ、痛み、貧血予防の効果あり
OHDF種類
preOHDF
postOHDF
I-OHDF
IHDF(間歇補液型HDF、intermittent infusion HDF)
効果
1. 末梢循環改善
2. plasma refilling 促進
3. 膜性能の経時減少抑制 →透析の種類、HD、HF、iHDF、OHDF

慢性腎不全透析導入基準

以下の点数の合計が60点以上が透析導入が必要な状態 (1) 症状・所見 水の貯留(むくみ・胸に水が溜まる)
酸塩基電解質異常(高カリウム血症、酸の貯留)
消化管の症状(吐き気・嘔吐・食欲不振)
心臓の症状(呼吸困難・息切れ・心不全・著明な高血圧)
神経の症状(意識混濁・けいれん・しびれ)
血液の異常(貧血・出血が止まりにくい)
目の症状(目がかすむ) このうち3つ以上の症状 = 30点、2つの症状 = 20点、1つの症状 = 10点 (2) 腎機能 持続的に血清Cr8mg/dl以上(あるいはクレアチニンクリアランス10ml/min以下)=30点
血清Cr 5~8mg/dl(Ccr 10~20ml/min未満)=20点
血清Cr 3~5mg/dl 未満(Ccr 20~30ml/min未満)=10点
(3) 日常生活の障害の程度 起床できない高度 = 30点
著しい制限中等度 = 20点
運動・労働が出来ない軽度 = 10点
10歳以下または65歳以上の高齢者または糖尿病、膠原病、動脈硬化疾患など全身性血管合併症の存在する場合は10点を加算する。
小児においては血清Crを用いないでCcrを用いる。 →透析導入
BV計
→BV計について

掻痒
血糖コントロール

CART
アシドーシス

CKD-MBD

CKD-MBD
P,Ca濃度の管理、PTHの管理、骨代謝の評価、血管石灰化、腹膜透析、保存期

CKD

CKD

腎性貧血
診断、目標Hb値、開始基準、ESA投与法、鉄の評価、鉄剤投与法、ESA低反応性、輸血
小児患者の腎性貧血
診断、目標Hb値、開始基準、ESA投与法、鉄の評価、鉄剤投与法、ESA低反応性、輸血
起立性低血圧
透析における心血管合併症
脂質異常症・動脈硬化,血圧異常,心不全,虚血性心疾患,不整脈・心臓弁膜症,外科的治療,脳血管障害,末梢動脈疾患,透析患者における循環器系薬剤の使用
局所麻酔
カルニチン
血圧編集中 食事管理 透析時穿刺痛の原因 維持血液透析
小分子物質と透析時間、β2-MG 患者教育
→透析の歴史について

CHDF

CHDF
→CHDFについて
PMX(トレミキシン)

セプザイリスについて
アフェレシス






アフェレシス



———————–
透析トップページ
MEトップページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました