ACT

ACTについて

ACT

ACT

ACTの基礎知識
ヘモクロンACTとプロテアーゼ阻害剤

血液凝固計ヘモクロンシリーズ
ヘモクロンシグニチャーエリート
ヘモクロンレスポンス 2019年5月製造終了

テストチューブHRFTCA510 ヘモクロンテストチューブ添付文書
低・中〜高用量ヘパリン用
活性化剤:セライト
測定範囲:1500秒以下
血液量:2mL
(ガラス製で割れやすい)
ヘモクロンの問題点
血液検体量に影響を受けやすい(採血量2mL)
手技的誤差を受けやすい(上下に10回振る)
血液希釈・低体温で影響を受けやすい
再現性が低い(活性剤のばらつきが大きい)
持続や少量追加するヘパリン投与量に俊敏に対応できない

シグニチャーエリート
測定原理:カートリッジ(光学式)
サンプル量:50µL
測定時間:4.5分(420秒)
JACT+JACT-LRJ201
測定項目ACTACTPT-INR
活性化剤カオリンセライト組織トランボプラスチン
測定範囲0~10050~4000.8~10
カオリン:プロテアーゼ阻害剤を中和(フサンX)



シグニチャーエリート平和物産ホームページ




ACTについて!


PCIトップページ MEトップページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました