IABP

IABP(Intra-Aortic Ballon Pumping) 大動脈内バルーンポンピング

 

IABPとは心臓のポンプ機能が低下してる患者をサポートするための補助循環療法。
大動脈内にバルーンカテーテルを挿入し、心臓の拍動に同期してインフレート(拡張)、デフレート(収縮)させる。

 

ダイアストリック・オーグメンテーション
冠動脈への血流(酸素供給)増加
脳・腎臓血流の増加

シストリック・アンローディング
アフターロードの軽減
心仕事量の軽減
心筋酸素消費量(MVO2)低下

IABPの効果

IABP(大動脈内バルーンポンピング)は心臓のポンプ機能が低下している患者さんをサポートするための補助循環療法である。患者さんの大動脈内にバルーンカテーテルを挿入し、心臓の拍動に同期してインフレート(拡張)、デフレート(収縮)させ、心筋への酸素供給を増加させると同時に心筋酸素消費量を低下させる効果が得られる。

IABPの適応

心原性ショック、左心室不全、急性心筋梗塞によるポンプ失調、PTCAとの併用、血栓溶解療法との併用、内科的治療に反応しない不安定狭心症、低心拍出量症候群、人工心肺からの離脱が困難な症例、ハイリスクな全身麻酔患者の安定化、心肺蘇生中、stunned myaoardium、心移植までのブリッジ使用など

血行動態的指標
収縮気圧<90mmHg
PAWP(ウェッジ圧)>20mmHg
CI(心係数)<2.2L/min/m^2

 

IABPの管理

挿入部の管理

血管内にIABカテーテルを留置しているため感染のリスクが高くなる。挿入部と全身の感染兆候の感染に努める。

観察項目
挿入部:発赤、腫脹、疼痛、熱感、浸出液の有無
全身性:発熱、白血球、CRPなどの炎症反応の有無

バルーンリークの早期発見

カテーテルの疲労性劣化や血管内石灰化部位との接触によりバルーンが傷つき、カスリークやバルーン内部に血液を吸引し凝血する可能性がある。バルーン内部の凝血(バルーントラップメント)により、カテーテルを外科的に抜去しなければならないこともある。

観察項目
ポンプのリークアラームの作動確認
体外チューブの点んけん
拡張期オグメンテーション波形の変化(低下傾向)
バルーン内圧波形の変化(ペースラインの低下)

抗凝固療法と出血傾向管理
IABP療法中にヘパリンを用いた抗凝固療法を行う場合、IABカテーテル挿入部や消化管などからの出血に注意する。

観察項目
挿入部の出血、皮下出血、出血班、消化管出血、血尿、鼻出血、歯肉出血などの有無
血液検査:ACT(活性凝固時間)、PT(プロトロンビン時間)、PLT(血小板数)Hb(ヘモグロビン値)

MEトップページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました