血流計

血流計について紹介します。

血流計

29-31 超音波ドプラ血流計について正しいのはどれか。
a.血流がプローブに向かっているとき、受信周波数は送信周波数よりも低くなる。
b.超音波ビームの照射方向が血流方向に対して垂直なとき、ドプラシフトは観測されない。
c.周波数折り返し現象は血流速度が速いほど起こりやすい。
d.パルス繰り返し周波数は超音波の振動周波数の 2 倍以上とする。
e.最大計測深度はパルス繰り返し周波数が高いほど大きい。
1.a、b 2.a、e 3.b、c 4.c、d 5.d、e


a.血流がプローブに向かっているとき、受信周波数は送信周波数よりも高くなる。
b.超音波ビームの照射方向が血流方向に対して垂直なとき、ドプラシフトは観測されない。は正しい。
c.周波数折り返し現象は血流速度が速いほど起こりやすい。は正しい。
d.入力信号成分の最高周波数の2 倍以上の頻度でサンプリング。
e.最大計測深度はパルス繰り返し周波数が高いほど浅くなり、周波数が低いとき、早い血流は測定できなくなるが測定可能深度は深くなる。
正解3

30-29 トランジットタイム型超音波血流計について正しいのはどれか。
a.ドプラ効果を利用する。
b.ゼロ点補正が不要である。
c.体表面からの計測ができない。
d.順・逆方向の伝播時間差を利用している。
e.赤血球からの散乱波を利用する。
1.a、b、c 2.a、b、e  3.a、d、e 4.b、c、d 5.c、d、e
正解4

31—28 超音波パルスドプラ血流計について正しいのはどれか。
a.血流がプローブに向うとき受信周波数は送信周波数よりも低くなる。
b.超音波ビームが血流方向に対して垂直なときは測定できない。
c.周波数折り返し現象は血流速度が速いほど起こりやすい。
d.パルス繰り返し周波数は超音波の振動周波数の 2 倍以上とする。
e.最大計測深度はパルス繰り返し周波数が高いほど大きい。
1.a、b 2.a、e 3.b、c 4.c、d 5.d、e
正解3

32-29 トランジットタイム型超音波血流計について正しいのはどれか。
a.複数チャネルの同時計測が可能である。
b.電気的干渉を受けやすい。
c.測定開始前にゼロ点補正が必要である。
d.体外循環用のチューブで使用可能である。
e.内胸動脈グラフトで使用可能である。
1.a、b、c 2.a、b、e  3.a、d、e 4.b、c、d 5.c、d、e




a.複数チャネルの同時計測が可能である。は正しい。
b.電気的干渉を受けない。
c.測定開始前にゼロ点補正は不要。
d.体外循環用のチューブで使用可能である。は正しい。
e.内胸動脈グラフトで使用可能である。は正しい。
正解3


33-28 トランジットタイム型超音波血流計の特徴で正しいのはどれか。
a.伝搬時間を利用する。
b.複数チャネルの同時計測が可能である。
c.ゼロ点補正が必要である。
d.体表面からの測定が可能である。
e.一つの超音波振動子で計測できる。
1.a、b 2.a、e 3.b、c 4.c、d 5.d、e

正解1
生体計測装置学
ME国家試験
MEトップページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました