人工呼吸器の設定

生体機能代行装置学 呼吸療法装置 呼吸療法技術 人工呼吸器の設定について

人工呼吸器の設定

29-66 73 歳の男性。身長 170 cm、体重 65 kg。ARDS に対し 1 回換気量:400 mL、 呼吸数:20 回/分、PEEP:10 cmH2O、FIO2:1.0 にて人工呼吸を開始したところ、 pH 7.38、PaCO2 40 mmHg、PaO2 280 mmHg であった。
行うべき処置はどれか。
1.換気量を増やす。
2.呼吸数を増やす。
3.PEEP を上げる。
4.FIO2 を下げる。
5.そのまま様子をみる。


1.換気量を増やすとPaco2が低下する。
2.呼吸数を増やすとPaco2が低下する。
3.PEEP を上げると肺の圧外傷の危険性がある。
4.FIO2 を下げる。Pao2が正常値よりも十分に高い。
5.そのまま様子をみる。Pao2が正常値よりも十分に高い。
正解4

30—68 人工呼吸中に PEEP を増加させると、増加または上昇するのはどれか。
a.吸入気酸素濃度
b.平均気道内圧
c.機能的残気量
d.頭蓋内圧
e.心拍出量
1.a、b、c 2.a、b、e  3.a、d、e 4.b、c、d 5.c、d、e


a.吸入気酸素濃度は変わらない。
b.平均気道内圧は上昇する。正しい。
c.機能的残気量(FRC)は増加する。正しい。
d.頭蓋内圧は上昇する。正しい。
e.心拍出量は減少する。
正解4

31-68 矩形波を用いた量規定換気(VCV)方式において、 1 回換気量 500 mL、換気回数 10 回/分、吸気呼気比 1 : 2 のとき、吸気流量(L/分)はどれか。
1. 0.5
2. 5.0
3.15
4.30
5.60

1回換気量=吸気流量x吸気時間
吸気流量=1回換気量/吸気時間
    =500mL/2sec=250mL/sec=15L/min
正解3

生体機能代行装置
ME国家試験
MEトップページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました