各種換気モード

生体機能代行装置学 呼吸療法装置 呼吸療法技術 各種換気モードについて

各種換気モード

31-67 量規定換気(VCV)方式の特徴で圧規定換気(PCV)方式と比較して誤っているのはどれか。
a.不均等換気が少ない。
b.換気量の変更が容易である。
c.圧外傷の危険性が高い。
d.最高気道内圧が変動する。
e.気道内圧は吸気早期に設定吸気圧に達する。
1.a、b 2.a、e 3.b、c 4.c、d 5.d、e


a.不均等換気が少ない。謝り。是正される。
b.換気量の変更が容易である。正しい。
c.圧外傷の危険性が高い。正しい。
d.最高気道内圧が変動する。正しい。
e.気道内圧は吸気早期に設定吸気圧に達し、その設定値を維持される。
正解2

32-67 人工呼吸器のアシスト/コントロール(A/C)モードの説明で正しいのはどれか。
1.PEEP を併用できる。
2.自発呼吸が停止すると無呼吸になる。
3.フローの基本波形は圧規定換気である。
4.異なる二つのフローパターンが見られる。
5.量規定換気と圧規定換気の長所を組合せている。


1.PEEP を併用できる。は正しい。
2.設定した呼吸回数分は必ず強制換気が入るため、無呼吸にならない。
3.圧規定換気でも量規定換気でも設定可能である。
4.吸気努力全てに強制換気が入ることからプレッシャーサポートと併用することもないため、二つのフローパターンがみられることはない。
5.圧規定換気または量規定換気のどちらかでしか設定できない。
正解1

32–68 成人患者で PSV モードにおいて、PS:10 cmH2O、PEEP: 5 cmH2O に設定したとき、アラームの設定として適切なのはどれか。
a.分時換気量上限 4 L/分
b.分時換気量下限 2 L/分
c.気道内圧上限  40 cmH2O
d.呼吸数上限   15 回/分
e.無呼吸時間   120 秒
1.a、b 2.a、e 3.b、c 4.c、d 5.d、e


a.分時換気量上限 4 L/分は低すぎる。
b.分時換気量下限 2 L/分 正しい。
c.気道内圧上限 40 cmH2O 正しい。
d.呼吸数上限 15 回/分 低すぎる。40回/分程度。
e.無呼吸時間 120 秒 は長い、10秒程度。
正解3

33-68 圧支持換気(PSV)で設定するのはどれか。
a.吸気圧
b.吸気時間
c.最大吸気流量
d.換気回数
e.PEEP
1.a、b2.a、e3.b、c4.c、d5.d、e


a.吸気圧 正しい。
b.吸気時間の設定はない。
c.最大吸気流量の設定はない。
d.換気回数の設定はない。
e.PEEP 正しい。
正解2

生体機能代行装置
ME国家試験
MEトップページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました