通信方式

通信方式について紹介します。

通信方式

30-56 図の変調方式はどれか。

1.ASK
2.FSK
3.PSK
4.PWM
5.PPM


正解1
30—56 2 kHz までの周波数成分をもつ信号を AM 変調し、周波数分割多重によって多チャネル同時通信する。同時に 20 チャネルの信号を伝送するとき、通信で占有する周波数帯域の合計帯域幅[kHz]はどれか。
ただし、AM 変調では両側波帯の信号成分を送るものとする。

1. 20
2. 40
3. 80
4. 160
5. 320

正解3

31-56 時分割多重方式(TDM)において、19200 bps の伝送路で 4 チャネルの信号を通信したい。各チャネルの伝送速度の最大値[byte/s]はどれか。
ただし、各チャネルの伝送速度は同一とする。
1 300
2 600
3 2400
4 4800
5. 19200
正解2 31—56 図の変調方式はどれか。
1.ASK
2.FSK
3.PSK
4.PPM
5.PWM

正解2


32-56 正しい組合せはどれか。
a.PSK 位相偏移変調
b.FSK 周波数分割多重
c.PWM パルス振幅変調
d.PPM パルス幅変調
e.PCM パルス符号変調
1.a、b 2.a、e 3.b、c 4.c、d 5.d、e

正解2
32—56 周波数 f c の搬送波(正弦波)を周波数 f s の正弦波により AM 変調し、DSB (両側波帯)で送信するときの周波数スペクトルはどれか。
正解1
33-56 信号 v(t)= 10 sin(4000 πt)で 1000 kHz の搬送波を AM 変調するとき、 被変調波の上側波の周波数[kHz]はどれか。
ただし、時間 の単位は秒とし、過変調は生じないものとする。
1.1001
2.1002
3.1004
4.1008
5.1010


正解2
33—56 信号に対応して搬送波の振幅が変化するパルス変調はどれか。
1.PAM
2.PFM
3.PNM
4.PPM
5.PWM

正解1
医用電気電子工学
ME国家試験
MEトップページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました