閉塞性肺疾患

臨床医学総論 呼吸器系 呼吸器系 閉塞性肺疾患について

閉塞性肺疾患

28-12気管支喘息で誤っているのはどれか。
1.軌道の慢性炎症性疾患がある。
2.ハウスダストが抗原になる。
3.抹消血中の好酸球が減少する。
4.アセチルコリンの吸入試験で過敏性を示す
5.気管支痙攣の治療にβ受容体刺激約を用いる。



1.軌道の慢性炎症性疾患がある。は正しい
2.ハウスダストが抗原になる。は正しい
3.抹消血中の好酸球は増加する。
4.アセチルコリンの吸入試験で過敏性を示す。は正しい
5.気管支痙攣の治療にβ2受容体刺激約を用いる。は正しい
正解3

28—11慢性閉塞性肺疾患(COPD)について正しいのはどれか。
a.1秒率の低下
b.残気量の減少
c.気道抵抗の減少
d.換気血流不均等分布の増加
e.最大換気量の減少
1.a、b、c  2.a、b、e   3.a、d、e  4.b、c、d  5.c、d、e



a.1秒率(FEV1.0%)は努力肺活量に対する1秒量の比率。正しい。
b.残気量は増加する。
c.気道抵抗の増加する。
d.換気血流不均等分布の増加は正しい。
e.最大換気量の減少は正しい。
正解3



30-11 慢性閉塞性肺疾患(COPD)の胸部 X 線画像所見で正しいのはどれか。

a.横隔膜の平低化
b.胸骨後腔の拡大
c.心陰影の拡大
d.肺血管陰影の増強
e.肺門リンパ節の腫大
1.a、b 2.a、e 3.b、c 4c、d 5.d、e
正解1

31-11  %VC<80%、FEV1.0%≥70% となる病態を呈する疾患はどれか。
a.放射線肺炎
b.サルコイドーシス
c.肺気腫
d.気管支喘息発作
e.肺線維症
1.a、b、c  2.a、b、e   3.a、d、e  4.b、c、d  5.c、d、e




a.放射線肺炎は拘束性換気障害。
b.サルコイドーシスは拘束性換気障害。
c.肺気腫は閉塞性換気障害。
d.気管支喘息発作は閉塞性換気障害。
e.肺線維症は拘束性換気障害。
正解2
32-11 慢性閉塞性肺疾患(COPD)の胸部 X 線所見で正しいのはどれか。
a.横隔膜の平低化
b.肺門リンパ節腫大
c.縦隔陰影の拡大
d.肺血管陰影の減少
e.肋間腔の拡大
1.a、b、c 2.a、b、e  3.a、d、e 4.b、c、d 5.c、d、e


a.横隔膜の平低化は正しい
b.肺門リンパ節腫大はサルコイドーシスの所見
c.縦隔陰影の拡大は縦隔腫瘍などでみられる所見
d.肺血管陰影の減少は正しい
e.肋間腔の拡大は正しい
正解3  
33-11 慢性閉塞性肺疾患(COPD)の画像所見で正しいのはどれか。
a.肺の過膨張所見
b.横隔膜の平低化
c.心陰影の拡大
d.胸骨後腔の縮小
e.肺血管陰影の増強
1.a、b 2.a、e 3.b、c 4.c、d5.d、e


a.肺の過膨張所見は正しい。
b.横隔膜の平低化は正しい。
c.肺が過膨張するため心陰影の拡大よりむしろ縮小する。
d.胸骨後腔も縮小ではなく過膨張する。
e.肺が過膨張するため肺血管陰影の増強よりむしろ減弱する。
正解1
臨床医学総論
ME国家試験
MEトップページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました