病気の種類

医学概論 臨床工学に必要な医学的基礎 病理学 病気の種類について

病気の種類

創傷治癒

時間的推移
初期相
炎症相
増殖相
瘢痕形成層
炎症(inflammation)
定義
体外からの障害因子に対する生体防御反応 炎症相
毛細血管の拡張と透過性亢進が起こり、フィブリノーゲンなどの滲出が起こる。フィブリノーゲンはフィブリン網を形成し、血栓を作る。また、凝集した血小板が活性化して様々なケミカルメディエータを放出、炎症反応が始まる。
炎症メディエータ
損傷された組織、および炎症部位に浸潤した白血球や肥満細胞、マクロファージなどから,生体反応の結果として生理活性物質(ヒスタミンやセロトニン、ペプチド、ロイコトリエン、トロンボキサンなど)が産生・放出される。

急性炎症

好中球の遊走(白血球の遊出)
血管透過性の亢進
炎症性メディエータの放出
血栓形成
液性成分の滲出
組織圧の上昇

慢性期
線維芽細胞の増殖

炎症4主徴
発赤、膨張、熱感、疼痛
脳卒中
虚血性心疾患
閉塞性動脈硬化症
浮腫 医学概論
ME国家試験
MEトップページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました