呼吸モニタ

呼吸モニタについて

呼吸モニタ

29-30 カプノメータについて誤っているのはどれか。
1.二酸化炭素濃度をモニタする装置である。
2.赤外線の吸収量からガス濃度を求める。
3.メインストリーム方式は呼吸回路内が閉塞しやすい。
4.サイドストリーム方式は測定値に時間遅れが生じる。
5.亜酸化窒素を併用する際には補正が必要である。



1.二酸化炭素濃度をモニタする装置である。は正しい。
2.赤外線の吸収量からガス濃度を求める。は正しい。
3.メインストリーム方式は呼吸回路途中にセンサ取り付けられているためその重量により気管内チューブが屈曲したりする。サイドストリーム方式では、サンプリングチューブが細いため、水分、分泌液の付着による閉塞が起こりやすい。
4.サイドストリーム方式は測定値に時間遅れが生じる。は正しい。
5.亜酸化窒素を併用する際には補正が必要である。は正しい。
正解3

32-30 パルスオキシメータについて正しいのはどれか。
a.測定時の校正が不要である。
b.指先以外では測定できない。
c.心原性ショック時でも測定できる。
d.赤外線 2 波長を用いる。
e.ヘモグロビンの吸光度を用いる。
1.a、b 2.a、e 3.b、c 4.c、d 5.d、e




a.測定時の校正が不要である。は正しい。
b.指先以外では測定できる。鼻や耳。
c.脈波が検出不安定もしくはできない場合は測定不能か不安定になる。
d.赤色光と赤外光の2 波長を用いる。
e.ヘモグロビンの吸光度を用いる。は正しい。
正解2

生体計測装置学
ME国家試験
MEトップページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました