エックス線CT

エックス線CTについて

エックス線CT

29—31 X 線 CT について誤っているのはどれか。
1.臓器の立体的な構造を画像化する。
2.複数の X 線検出器を使用する。
3.動画を撮影することが可能である。
4.空間分解能は 1 mm 程度である。
5.組織の X 線吸収係数を画像化する。
正解3


30—31 X 線 CT 画像について正しいのはどれか。
a.臓器の 3 次元構造が得られる。
b.画像再構成法として逆投影法がある。
c.血管の撮像が可能である。
d.X 線を双方向に照射する。
e.空間分解能は 1 cm 程度である。
1.a、b、c 2.a、b、e  3.a、d、e 4.b、c、d 5.c、d、e
正解1

31—30 X 線を使用した医用画像について正しいのはどれか。
a.X 線に対する臓器の反射率を画像化する。
b.X 線 CT の空間分解能は 0.5〜 1 mm 程度である。
c.X 線 CT は臓器の立体構造を画像化できる。
d.造影剤は X 線画像のコントラストを増強する。
e.体表面に近い臓器の画像化に適している。
1.a、b、c 2.a、b、e  3.a、d、e 4.b、c、d 5.c、d、e
正解4


33-32 X 線 CT について誤っているのはどれか。
a.空間分解能は超音波診断装置より高い。
b.臓器の X 線に対する吸収係数を画像化している。
c.血管や胃などの管腔臓器の撮影が可能である。
d.深部臓器よりも表在性の臓器の撮影に適している。
e.X 線を単一方向から照射している。
1.a、b 2.a、e 3.b、c 4.c、d 5.d、e

正解5

生体計測装置学
ME国家試験
MEトップページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました