肺循環疾患(肺血栓肺疾患)の要点

肺循環疾患(肺血栓肺疾患)について

肺循環疾患(肺血栓肺疾患)

手術後や長期臥床、長時間のフライト後などにより下肢深部静脈に血栓が形成され、立位歩行後の急激な静脈還流により血栓が肺動脈内に移動することで発症する。剥離した血栓が急激には胃動脈を閉塞する急性肺血栓症と器質化した血栓が肺動脈を慢性的に閉塞する慢性肺血栓閉塞症がある。 急性肺動脈血栓塞栓症
深部静脈に生じた血栓が遊離し詮子となり肺動脈を閉塞する病態
原因:下肢の深部静脈血栓
エコノミークラス症候群、長時間の手術後

肺血栓塞栓症肺血栓症:肺動脈内に血栓形成
肺塞栓症:肺外の静脈に血栓、異物、腫瘍が肺に運ばれて塞栓
臨床医学総論
ME国家試験
MEトップページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました