拍動流

拍動流について紹介します。

拍動流

29-83 脈波伝搬速度と正の相関を示すのはどれか。
a.血管壁中のコラーゲン
b.血管壁中のエラスチン
c.血液密度
d.血管内径
e.血管壁厚
1.a、b 2.a、e 3.b、c 4.c、d 5.d、e
正解2

33—83 正しいのはどれか。
a.血管壁中のエラスチンの割合は脈波伝搬速度と正の相関を示す。
b.細い血管では血球が血管壁部に集まる。
c.動脈血圧のピーク値は体の部位によって異なる。
d.ヘマトクリット値が上昇すると血液の粘性が増加する。
e.血管内径が小さくなると血管抵抗は上昇する。
1.a、b、c 2.a、b、e 3.a、d、e 4.b、c、d 5.c、d、e

正解5
33—85 値が小さくなると脈波の伝搬速度が増加するのはどれか。
1.心拍数
2.平均動脈圧
3.血管の内径
4.血管壁の厚さ
5.血管のヤング率(周方向)

正解3

医用機器工学 ME国家試験 MEトップページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました