ベルヌーイの定理

ベルヌーイの定理について紹介します。

ベルヌーイの定理

29—83 ベッド上の患者の中心静脈圧を、ベッドとは別の専用台に取り付けてあるマノメータで測定した値が 10 cmH2O であった。
ベッドを 10 cm 高くしたときマノメータの表示値[cmH2O]はどれか。
  1. -20
  2. -10
  3. 0
  4. 10
  5. 20
正解5

31—82 図のように水平に置かれた絞りのあるパイプに流体が流れている。絞りの前のパイプの断面積を A 1、絞りの後のパイプの断面積を A 2 とする。絞りの前後の圧力差P1 -P2 を表す式はどれか。
ただし、流体の密度を t(一定)、絞りの前の流速を v 1 とし、完全流体が定常流で流れているとする。
正解1
32—82 流速 1 m/s の血流に生じる動圧[mmHg]のおよその値はどれか。
1. 0.4
2.1
3. 4
4.10
5.40


正解3


33-82 流れにおけるベルヌーイの定理について正しいのはどれか。
a.粘性流体に適用される。
b.力学的エネルギーが保存される。
c.ひとつの流線上で成立する。
d.重力とは無関係である。
e.レイノルズ数を導くことができる。
1.a、b 2.a、e 3.b、c 4.c、d 5.d、e

正解3


医用機器工学 ME国家試験 MEトップページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました