血液ポンプの問題と解説

生体機能代行装置学 体外循環装置 原理と構成 血液ポンプについて紹介します。

血液ポンプ

29—69 遠心ポンプについて正しいのはどれか。
1.吸引回路用のポンプに適している。
2.駆出される血液量は回転数に正比例する。
3.回路閉塞時に回路破裂の危険性が大きい。
4.同じ回転数でも流量は後負荷によって変化する。
5.低流量時の回転数調節による流量制御が容易である。


1.吸引回路用のポンプに適さない。空気が混入すると使用できない
2.駆出される血液量は回転数に正比例しない。血液粘性、ポンプ前後の負荷変動により同一回転数でも変動する。
3.回路閉塞時に回路破裂の危険性は少ない
4.同じ回転数でも流量は後負荷によって変化する。正しい
5.低流量時の回転数調節による流量制御が難しい
正解4

30—70 人工心肺送血ポンプとしてローラポンプと比較した遠心ポンプの特性で正しいのはどれか。
a.回転数による流量制御が容易である。
b.ポンプ停止時の逆流がない。
c.送血回路閉塞時の回路破裂の危険がない。
d.過度の陰圧発生がない。
e.血球損傷が多い。
1.a、b 2.a、e 3.b、c 4.c、d 5.d、e


a.回転数による流量制御は難しい
b.ポンプ停止時の逆流生じる
c.送血回路閉塞時の回路破裂の危険がない。正しい。発生しにくい
d.過度の陰圧発生がない。正しい
e.ローラポンプ比べ少ない
正解4

31-69 人工心肺送血ポンプにおけるローラポンプと遠心ポンプの比較で正しいのはどれか。
a.ローラポンプは回転数による流量制御が容易である。
b.遠心ポンプは流量計を必要とする。
c.血液損傷は遠心ポンプに多く見られる。
d.ローラポンプでは回路閉塞時の回路破裂の危険は少ない。
e.遠心ポンプは長期補助循環に適している。
1.a、b、c 2.a、b、e  3.a、d、e 4.b、c、d 5.c、d、e


a.ローラポンプは回転数による流量制御が容易である。正しい
b.遠心ポンプは流量計を必要とする。正しい
c.血液損傷はローラポンプより少ない
d.ローラポンプでは回路閉塞時の回路破裂の危険は高い。
e.遠心ポンプは長期補助循環に適している。正しい。PCPSに使用される
正解2

32-69 血液ポンプのうち拍動流型はどれか。
a.サック型
b.ダイアフラム型
c.ローラポンプ型
d.直線流路型
e.コーン型
1.a、b 2.a、e 3.b、c 4.c、d 5.d、e


a.サック型は拍動流専用ポンプ-補助人工心臓
b.ダイアフラム型は拍動流専用ポンプ-補助人工心臓
c.ローラポンプ型は無拍動流ポンプ
d.直線流路型は無拍動流ポンプ、遠心ポンプ
e.コーン型は無拍動流ポンプ、遠心ポンプ
正解1


32–69 人工心肺における遠心ポンプについて正しいのはどれか。
a.流量計は不要である。
b.吸引ポンプに用いることができる。
c.ローラポンプに比べて血液損傷が少ない。
d.回路閉塞時に回路破裂の心配がない。
e.空気を送り込む心配がない。
1.a、b 2.a、e 3.b、c 4.c、d 5.d、e


a.流量計は必要である。
b.吸引ポンプに用いることができない。空気が混入すると使用できない。
c.ローラポンプに比べて血液損傷が少ない。正しい
d.回路閉塞時に回路破裂の心配がない。正しい。空回りする
e.空気を送り込む心配がない。謝り。少量の空気の場合、細かくなって送り出される。
正解4


33-69 人工心肺送血ポンプで使用するローラポンプと遠心ポンプとの比較で正しいのはどれか。
a.遠心ポンプの方が血液損傷が起こりやすい。
b.遠心ポンプでは流量計は不要である。
c.遠心ポンプは長期補助循環に適している。
d.ローラポンプは回転数による流量制御が容易である。
e.ローラポンプは回路閉塞時の回路破裂の危険が少ない。
1.a、b 2.a、e 3.b、c 4.c、d 5.d、e


a.遠心ポンプの方が血液損傷が起こりやすいではなく起こりにくい。
b.遠心ポンプでは流量計は不要ではなく必要。
c.遠心ポンプは長期補助循環に適している。正しい。
d.ローラポンプは回転数による流量制御が容易である。正しい。
e.ローラポンプは回路閉塞時の回路破裂の危険が少ないではなく、多い。
正解4


33-70 人工心肺装置の目的と構成機器との組合せで正しいのはどれか。
a.出血の回収       血液吸引ポンプ
b.静脈血の酸素加     人工肺
c.肺循環の維持      血液ポンプ
d.余剰水分の排出     ベントポンプ
e.貯血槽内の微小気泡除去 動脈フィルタ
1.a、b 2.a、e 3.b、c 4.c、d5.d、e



a.出血の回収ー血液吸引ポンプは正しい。サクション回路。
b.静脈血の酸素加ー人工肺は正しい。
c.肺循環はほぼ途絶する。流れない。
d.余剰水分の排出は血液濃縮器(ヘモコンセントレータ)。 ベントポンプは心停止下における左心室の減圧のために用いる。
e.貯血槽内の微小気泡除去は内蔵されている除泡網により除去。動脈フィルタは人工肺から出た酸素加血の微小気泡を除去する。
正解1


生体機能代行装置
ME国家試験
MEトップページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました