神経・筋肉疾患の要点

神経・筋肉疾患について

神経・筋肉疾患

パーキンソン病:中脳のドーパミン細胞の減少により起こる疾患
症状:ふるえ(振戦)、筋固縮、無動、仮面様顔貌
胸腺腫に置ける重症筋無力症の合併
合併症率:30%
機序
胸腺によって産生、放出されたアセチルコリンレセプター抗体が、アセチルコリンレセプターに結合して、これを破壊する。
アセチルコリンレセプターの破壊から、アセチルコリンによる神経接合部での刺激伝達が障害され、筋力低下が引き起こされる。(筋無力症の発症)
上前縦隔胸腺腫(胸腺癌)
胚細胞性腫瘍(奇形腫)
縦隔甲状腺腫
悪性リンパ腫
中縦隔先天性嚢胞(気管支性嚢胞、心膜嚢胞)
悪性リンパ腫
後縦隔神経原性腫瘍
臨床医学総論
ME国家試験
MEトップページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました