観血式血圧計の要点

観血式血圧計について

観血式血圧計

観血式血圧測定法は血管内にカテーテルを挿入し、血圧を連続的に測定する。血圧を測定するには、カテーテルを血管内に留置し、延長チューブにより圧力トランスデューサに血圧を伝達する。カテーテル内に発生した凝血を自動的にフラッシングするフラッシュデバイスがある。


生体計測装置学
ME国家試験
MEトップページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました