酸素療法装置

酸素療法装置について

酸素療法装置

30-63 吸着型酸素濃縮器の酸素濃縮回路の構成要素でないのはどれか。
1.吸着筒
2.冷却装置
3.防塵フィルタ
4.真空ポンプ
5.サージタンク
正解なし

30-65 ベンチュリー効果を応用した高流量酸素投与装置で、酸素濃度 40 %、出力ガス流量 40 L/min を得たいとき、酸素流量[L/min]の設定はどれか。
1 6
2 8
3. 10
4. 20
5. 40
総流量[L/min]=100 – 21/(目的の酸素濃度(%) – 21) x 酸素流量[L/min]
40=100 – 21/(40 – 21) x 酸素流量[L/min]
酸素流量=9.62≒10
正解3

31—67 医療用酸素濃縮器について正しいのはどれか。
a.吸着型では空気中の窒素を吸着する。
b.膜型では 20 L/分以上の酸素を供給できる。
c.膜型では酸素濃度 90 % 以上を供給できる。
d.膜型ではゼオライト膜が使用されている。
e.装置の安全性は JIS で規定されている。
1.a、b 2.a、e 3.b、c 4.c、d 5.d、e


a.吸着型では空気中の窒素を吸着する。正しい。
b.膜型では 20 L/minではなく3~5L/min程度。
c.膜型では酸素濃度 40%程度。90 % 以上は吸着型。
d.膜型では酸素富化膜や中空糸。ゼオライト膜は吸着型。
e.装置の安全性は JIS で規定されている。正しい。
正解2

32-64 ベンチュリーマスクの設定で総流量が 45 L/min となるのはどれか。
a.酸素濃度 24 %、酸素流量 4 L/min
b.酸素濃度 28 %、酸素流量 4 L/min
c.酸素濃度 35 %、酸素流量 8 L/min
d.酸素濃度 40 %、酸素流量 8 L/min
e.酸素濃度 50 %、酸素流量 10 L/min
1.a、b 2.a、e 3.b、c 4.c、d 5.d、e


総流量[L/min]=(100 -目標酸素濃度(%))/(目標酸素濃度(%) – 21) x 酸素流量[L/min]+酸素流量[L/min]
a.酸素濃度 24 %、酸素流量 4 L/minは105[L/min]
b.酸素濃度 28 %、酸素流量 4 L/minは45[L/min]
c.酸素濃度 35 %、酸素流量 8 L/minは45[L/min]
d.酸素濃度 40 %、酸素流量 8 L/minは33[L/min]
e.酸素濃度 50 %、酸素流量 10 L/minは27[L/min]
正解3

33-64 ハイフロー療法について正しいのはどれか。
a.吸入気の加温加湿に人工鼻を使用できる。
b.最大 20 L/分の流量を供給できる。
c.吸入気酸素濃度は 21~100 % の任意の値を設定できる。
d.解剖学的死腔のガスを洗い流す効果がある。
e.PEEP 効果が期待できる。

1.a、b、c 2.a、b、e 3.a、d、e 4.b、c、d 5.c、d、e

a.吸入気の加温加湿に人工鼻を使用できない。加温加湿器を使う。
b.最大 20 L/分の流量を供給ではなく、60L/min。
c.吸入気酸素濃度は 21~100 % の任意の値を設定できる。正しい。
d.解剖学的死腔のガスを洗い流す効果がある。正しい。
e.PEEP 効果が期待できる。正しい。
正解5
生体機能代行装置
ME国家試験
MEトップページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました