単光子断層法(SPECT)

単光子断層法(SPECT)について

単光子断層法(SPECT)

31-33 ラジオアイソトープによる画像計測について誤っているのはどれか。
1.PET の空間分解能は X 線 CT と同程度である。
2.PET では陽電子の対消滅による c 線を検出する。
3.SPECT では人体の 3 次元構造を画像化する。
4.体内での放射線の散乱を考慮する必要がある。
5.体内での放射線の吸収を考慮する必要がある。
正解1

32—31 ラジオアイソトープ(RI)を用いた医用画像について正しいのはどれか。
a.α 線を測定する。
b.空間分解能は 1 mm 程度である。
c.PET では腫瘍の存在を検出できる。
d.PET では糖代謝の画像が得られる。
e.SPECT では組織線維化の画像が得られる。
1.a、b 2.a、e 3.b、c 4.c、d 5.d、e
正解4
33—31 核医学検査について正しいのはどれか。
a.PET で糖代謝に関する情報が画像化できる。
b.体外から放射線を照射することで画像化する。
c.線を測定して画像化している。
d.SPECT で脳血流に関する情報が画像化できる。
e.PET で 3 次元画像が得られる。
1.a、b、c 2.a、b、e 3.a、d、e4.b、c、d 5.c、d、e

正解3
生体計測装置学
ME国家試験
MEトップページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました