電気メス

電気メスについて

電気メス

29—33 電気メスについて正しいのはどれか。
a.凝固出力は連続波である。
b.点検用負荷抵抗には無誘導抵抗器が使用される。
c.対極板面積の安全範囲は出力に依存する。
d.静電結合型対極板の表面は絶縁されている。
e.スプレー凝固では雑音障害は発生しない。
1.a、b、c 2.a、b、e  3.a、d、e 4.b、c、d 5.c、d、e
正解4

30—33 治療機器について正しい組合せはどれか。
1.心臓ペースメーカ    マイクロ波
2.電気メス                高周波電流
3.レーザメス             電子線
4.ESWL                     赤外線
5.IABP                      音 波
正解2

30—35 電気メスのディスポーザブル対極板の装着について正しいのはどれか。
a.対極板の一点に荷重がかからないようにする。
b.対極板の装着部には絶縁性のある消毒液を使用する。
c.対極板コードをコイル状に巻く。
d.身体が小さい場合は対極板を切って小さくする。
e.対極板と皮膚との間に空気が入らないようにする。
1.a、b 2.a、e 3.b、c 4.c、d 5.d、e
正解2

31-35 電気メスで正しいのはどれか。
1.300〜500 kHz 帯の電流を用いる。
2.切開モードでは断続波を用いる。
3.導電接触形対極板は静電接触形対極板より接触インピーダンスが大きい。
4.高周波漏れ電流の許容値は 500 mA 以内である。
5.負荷抵抗 10 Ω でキャリブレーションする。
正解1

32-35 電気メスについて正しいのはどれか。
1.500 MHz の高周波が用いられる。
2.出力電力と必要な対極板面積は反比例する。
3.純切開にはバースト波が用いられる。
4.出力回路にはコンデンサが直列に挿入される。
5.高周波接地は対極板側回路を抵抗により接地する。



1.500 kHz の高周波が用いられる。
2.出力電力と必要な対極板面積は比例する。
3.切開時は連続的な正弦波出力により、細胞が蒸気爆発を引き起こす。バースト波では連続的に熱が発生しないためタンパクや血液が凝固する。
4.出力回路にはコンデンサが直列に挿入される。は正しい。
5.電気メスの出力回路には高周波接地と高周波非接地(フローティング)がある。高周波接地は対極板回路をコンデンサにより接地した形式をいう。高周波非接地は対極板回路を接地から絶縁した形式をいう。
正解4

33—32 電気メスについて正しいのはどれか。
a.切開には連続正弦波が用いられる。
b.対極板接触面積の増加は熱傷の原因である。
c.出力回路には抵抗が挿入されている。
d.スプリット型対極板は接触インピーダンスを測定する。
e.バイポーラ電極は挟まれた部位を凝固する。
1.a、b、c 2.a、b、e 3.a、d、e 4.b、c、d 5.c、d、e

正解3
医療治療機器学
ME国家試験
MEトップページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました