血液浄化器の選択と適応疾患の問題と解説

血液浄化器の選択と適応疾患について紹介します。

血液浄化器の選択と適応疾患

 

 

29—78 吸着材とその適応疾患との組合せで正しいのはどれか。

a.石油ピッチ系活性炭      薬物中毒
b.ポリミキシン B            透析アミロイド症
c.ヘキサデシル基            敗血症
d.デキストラン硫酸         潰瘍性大腸炎
e.トリプトファン            ギラン・バレー症候群

1.a、b 2.a、e 3.b、c 4.c、d 5.d、e

 

a.石油ピッチ系活性炭、薬物中毒は正しい
b.ポリミキシン Bは敗血症
c.ヘキサデシル基は透析アミロイド症
d.デキストラン硫酸は家族性高コレステロール血症。酢酸セルロースビーズが潰瘍性大腸炎
e.トリプトファン、ギラン・バレー症候群は正しい

正解2

32—76 最も大きな細孔をもつ分離膜はどれか。

1.逆浸透膜
2.透析膜
3.限外濾過膜
4.血漿成分分画膜
5.血漿分離膜

 

1.逆浸透膜は0.5~1.0nm
2.透析膜は数nm
3.限外濾過膜は1~2nm
4.血漿成分分画膜は数10nm
5.血漿分離膜は100nm。血漿交換療法に使用

正解5

生体機能代行装置

ME国家試験

MEトップページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました