拘束性肺疾患

拘束性肺疾患について

拘束性肺疾患

30-11 サルコイドーシスに特徴的なのはどれか。
a.乾酪性類上皮細胞肉芽腫
b.ぶどう膜炎
c.両側肺門リンパ節腫脹
d.高カルシウム血症
e.アンギオテンシン変換酵素の低下
1.a、b、c 2.a、b、e  3.a、d、e 4.b、c、d 5.c、d、e
正解4

33—10 肺サルコイドーシスについて正しいのはどれか。
a.高カリウム血症がみられることが多い。
b.血清アンギオテンシン変換酵素が低下することが多い。
c.胸部単純 X 線写真の両側肺門リンパ節腫脹が特徴的所見である。
d.組織生検にて非乾酪性類上皮細胞肉芽腫がみられる。
e.自然治癒は稀である。
1.a、b 2.a、e 3.b、c 4.c、d 5.d、e


正解4

臨床医学総論 ME国家試験 MEトップページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました