食道疾患

臨床医学総論 消化器系 消化器系疾患と治療 食道疾患について

食道疾患

29-19 H.pylor(iピロリ菌)感染が誘因となる疾患はどれか。
a.胃 癌
b.胃潰瘍
c.潰瘍性大腸炎
d.逆流性食道炎
e.特発性血小板減少性紫斑病
1.a、b、c 2.a、b、e  3.a、d、e 4.b、c、d 5.c、d、e


a.胃癌は関係ある。
b.胃潰瘍は関係ある。
c.潰瘍性大腸炎は自己免疫疾患であり、ピロリ菌とは無関係である。
d.逆流性食道炎は胃酸分泌過多が原因のひとつで、ピロリ菌とは無関係。
e.特発性血小板減少性紫斑病は関係ある。
正解2

30-18 ヘリコバクター・ピロリ菌と関連のある疾患はどれか。
a.食道癌
b.胃潰瘍
c.胃 癌
d.十二指腸潰瘍
e.潰瘍性大腸炎
1.a、b、c 2.a、b、e  3.a、d、e 4.b、c、d 5.c、d、e



a.食道癌はピロリ菌とは関係ない。飲酒、喫煙と関連がある。
b.胃潰瘍は関連ある。
c.胃 癌は関連ある。
d.十二指腸潰瘍は関連ある。
e.潰瘍性大腸炎は自己免疫疾患でピロリ菌と関連がない。
正解4

31一20 逆流性食道炎について誤っているのはどれか。
1.胃液の逆流によって発生する。
2.アルコール摂取は増悪因子である。
3.高齢者に多い。
4.肥満者に多い。
5.ヘリコバクター・ピロリの除菌により改善する。


1.胃液の逆流によって発生する。正しい。
2.アルコール摂取は増悪因子である。正しい。
3.高齢者に多い。正しい。
4.肥満者に多い。正しい。
5.ヘリコバクター・ピロリの除菌により改善するよりも、慢性胃炎が改善し胃酸が増加することで逆流性食道炎は憎悪する。
正解5

32-19 食道炎の原因となるのはどれか。
a.胃液の逆流
b.唾液の嚥下
c.高血圧
d.化学物質
e.真菌の感染
1.a、b、c 2.a、b、e  3.a、d、e 4.b、c、d 5.c、d、e


a.胃液の逆流 原因
b.唾液の嚥下 原因にならない
c.高血圧 原因にならない
d.化学物質 原因
e.真菌の感染 原因
正解3

33-19 正しい組合せはどれか。
a.虫垂炎 — McBurney 圧痛点
b.食道癌 — ヒトパピローマウイルス
c.クローン病 — ヘリコバクターピロリ
d.逆流性食道炎 — 経口血糖降下薬
e.慢性膵炎 — 膵臓の石灰化
1.a、b 2.a、e 3.b、c 4.c、d 5.d、e


a.虫垂炎 — McBurney 圧痛点 正しい。
b.食道癌は喫煙、飲酒が危険因子。 ヒトパピローマウイルスは子宮頸がんの原因因子。
c.クローン病は原因不明(遺伝、環境、自己免疫)。ヘリコバクターピロリは慢性胃炎、胃十二指腸潰瘍、胃がんの原因となる細菌。
d.逆流性食道炎は下部食道括約筋の機能低下。経口血糖降下薬とは関係ない。
e.慢性膵炎 — 膵臓の石灰化 正しい。

正解2
臨床医学総論
ME国家試験
MEトップページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました