波長

波長について

波長

30—87 生体組織の光学特性について誤っているのはどれか。
1.水は赤外光をよく吸収する。
2.皮膚の光透過は血流量に依存する。
3.血液の光吸収は青色光よりも赤色光で大きい。
4.細胞の DNA は UVC で損傷を受ける。
5.メラニンは紫外線をよく吸収する。
正解3

31-88 太陽光線の生体への作用で正しいのはどれか。
a.UVA は真皮まで達する。
b.DNA は紫外域での吸収が大きい。
c.血液の散乱はヘマトクリット値により変化する。
d.水での吸収は赤外光よりも可視光の方が大きい。
e.ビリルビンは可視光領域での吸収が小さい。
1.a、b、c 2.a、b、e  3.a、d、e 4.b、c、d 5.c、d、e
正解1

32-87 生体の光学的特性について正しいのはどれか。
a.メラニンは可視光よりも紫外光をよく吸収する。
b.紫外光は波長が長いほど皮膚深部に到達する。
c.水は可視光よりも赤外光をよく吸収する。
d.可視光は皮膚表面でほとんど反射する。
e.ヘモグロビンによる可視光の吸収は赤外光に比べ小さい。
1.a、b、c 2.a、b、e  3.a、d、e 4.b、c、d 5.c、d、e


a.メラニンは可視光よりも紫外光をよく吸収する。は正しい。
b.紫外光は波長が長いほど皮膚深部に到達する。は正しい。
c.水は可視光よりも赤外光をよく吸収する。は正しい。
d.皮膚表面における可視光の反射率は比較的大きいが、波長によって吸収や透過も起こりえる。
e.ヘモグロビンは赤外光よりも可視光をよく吸収する。
正解1

33-87 レーザの生体作用について誤っているのはどれか。
1.光解離作用 鎮 痛
2.光音響的作用 熱弾性効果
3.光化学的作用 光感受性物質
4.光機械的作用 結石破砕
5.光熱的作用 タンパク質の凝固

正解1

生体物性材料工学
ME国家試験
MEトップページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました