非ニュートン流体

非ニュートン流体について紹介します。

非ニュートン流体

30-83 誤っているのはどれか。
a.血管壁中のエラスチンの割合が増加すると脈波伝搬速度が速くなる。
b.安静立位状態では平均動脈圧は測定部位に関わらず同じである。
c.ヘマトクリット値が上昇すると血液の粘性が増加する。
d.血管内径が小さくなると血管抵抗は上昇する。
e.末梢血管抵抗が同じであれば心拍出量が増加すると平均血圧は上昇する。
1.a、b 2.a、e 3.b、c 4.c、d 5.d、e
正解1

31-84 正しいのはどれか。
a.毛細血管の分岐部では渦が発生しやすい。
b.大動脈では動圧の値と静圧の値はほぼ等しい。
c.血管に石灰化が起こると脈波伝搬速度は増加する。
d.ヘマトクリット値が上昇すると血液粘度が増加する。
e.動脈血圧のピーク値は体の部位によって異なる。
1.a、b、c 2.a、b、e  3.a、d、e 4.b、c、d 5.c、d、e
正解5


医用機器工学
ME国家試験
MEトップページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました