静特性

静特性について

静特性

31—86 正しいのはどれか。
1.血漿はほぼニュートン流体と見なせる。
2.水を多く含む生体軟組織のポアソン比はほぼ 1 である。
3.組織のヤング率が大きいほど応力に対するひずみが大きい。
4.マックスウェルモデルは弾性要素と粘性要素が並列に接続されている。
5.軟組織は膠原線維の割合が大きいほど伸展性が大きい。
正解1

30-86 正しいのはどれか。
1.筋組織は骨よりもヤング率が大きい。
2.筋組織のヤング率は直交方向よりも走行方向の方が大きい。
3.生体軟組織のポアソン比はおよそ 0.5 である。
4.生体軟組織の体積弾性率はヤング率よりも小さい。
5.動脈血管の円周方向の最大変形は 10 % 程度である。
正解3

29—86 生体組織の力学的性質で誤っているのはどれか。
1.ヤング率が大きな組織ほど応力に対するひずみが大きい。
2.生体軟組織のポアソン比は約 0.5 である。
3.粘弾性体である筋組織のひずみと応力の関係はヒステリシスを示す。
4.筋組織は腱に比べて引っ張りに対する変形の割合が大きい。
5.血液の粘性係数は生体軟組織に比べて小さい。
正解1


生体物性材料工学 ME国家試験 MEトップページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました