電流密度

電流密度について

電流密度

31—85 生体の電気特性について誤っているのはどれか。
1.骨格筋は大きな電気的異方性を示す。
2.血液の導電率は肝臓の導電率よりも高い。
3.周波数の増加とともに導電率は低下する。
4.細胞膜の電気容量は 1 cm2 あたり 1 μF 程度である。
5.周波数が高い電流ほど電気的感受性が低下する。
正解3


33-85 生体の電気特性で誤っているのはどれか。
1.血液の導電率は温度依存性がある。
2.皮下脂肪の導電率は肝臓の導電率より高い。
3.分散は細胞の組織構造に依存する。
4.分散は水分子の緩和現象に起因する。
5.静止電位は細胞内外のイオン濃度差による。

正解2

生体物性材料工学 ME国家試験 MEトップページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました