力のつり合い

力のつり合いについて紹介します。

力のつり合い

30-80 図のように 0.5 kg の輸液ボトル A が点滴スタンドにつり下げられている。これにさらに 1 kg の輸液ボトル B をつり下げると X 点で支持する力のモーメントは、もとの何倍になるか。
ただし、点滴スタンドの棒の重さは無視する。
1.1.0
2.1.8
3.2.0
4.2.8
5.3.0
正解3

29-80 質量 1.0 kg の剛体の棒が自由に回る継手を介して壁に取り付けられている。継手から 0.30 m の所に質量 1.0 kg の物体を置いた。棒が水平で動かないとき、 継手から 0.050 m の所に取り付けたひもが鉛直方向に引っ張るおよその力 F[N]はどれか。
ただし、棒の重心の位置は継手から 0.15 m の所である。
  1. 2.0
  2. 5.0
    3.10
    4.20
    5.88
正解5

31-80 図のように断面積が 10 cm2 と 50 cm2 の 2 本のピストン管をつなぎ、細いピストンに 10 N の力を加えた。ピストンを静止させるために必要な力 F[N]はどれか。
  1. 2
  2. 10
  3. 50
    4.100
    5.250
正解3

32-80 図のようにバネばかりに重さ 500 g の物体を吊るし、台ばかりに載せた容 器内の水に物体を静かに沈めたところ、バネばかりの測定値は 350 g であった。物 体を沈めた後で台ばかりの測定値は何 g 増加するか。
1. -150
2. 0
3. 150
4. 350
5. 500



正解3

32—81 速度に比例する抵抗力を発揮する機械要素(ダンパ)がある。比例定数であるダンパ定数の次元はどれか。
1.kg・s-2
2.kg・s-1
3.kg・m・s-2
4.kg・m・s-1
5.kg・s



正解2

33-80 回転中心 O で支えられた剛体の棒に図のような荷重が働き、棒は静止している。O 点まわりのモーメントのつり合いを表す式はどれか。
1.sin β M a sin θ – W b = 0 
2.M a sin θ – W b = 0
3.cos β M a cosθ – W b = 0 
4.M a cos θ– W b = 0
5.M a – W b = 0

正解2

医用機器工学 ME国家試験 MEトップページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました