症候と病態生理

症候と病態生理について

症候と病態生理

28-10中心型チアノーゼの原因はどれか。
a.メトヘモグロビン血漿
b.肺動静脈牢瘻
c.バージャー病
d.寒冷曝露
e.心拍出量低下
1.a、b 2.a、e 3.b、c 4c、d 5.d、e



a.メトヘモグロビン血漿はメトヘモグロビンは異常ヘモグロビンのことで中心型チアノーゼ呈する。
b.肺動静脈牢瘻は肺動脈から肺静脈の短絡
c.バージャー病は血管炎により急性の動脈閉塞を起こす抹消型チアノーゼ
d.寒冷曝露は抹消型チアノーゼ
e.心拍出量低下は抹消型チアノーゼ 正解1

28-11滲出性の胸水貯留を来たすのはどれか。
a.左心不全
b.肺結核
c.肺梗塞
d.肺硬変
e.ネフローゼ症候群


滲出性胸水:胸膜の炎症
      結核、肺炎、悪性腫瘍、急性膵炎、肺梗塞、膠原病
漏出性胸水:静脈圧上昇、肺毛細血管圧上昇、血管浸透性亢進
      うっ血性心不全、肝硬変、急性糸球体腎炎、ネフローゼ症候群、敗血症
a.左心不全は漏出性胸水
b.肺結核は滲出性胸水
c.肺梗塞は滲出性胸水
d.肺硬変は漏出性胸水
e.ネフローゼ症候群は漏出性胸水 正解3

30-10 チアノーゼについて誤っているのはどれか。
1.皮膚や粘膜の色調は紫青色を呈する。
2.口唇、耳朶、指爪が好発部位である。
3.中心性と末梢性に分類される。
4.動脈血酸素飽和度低下が原因となる。
5.貧血によって増強する。
正解5

臨床医学総論
ME国家試験
MEトップページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました