流体の運動

流体の運動について紹介します。

流体の運動

30—82 図のように水平に置かれた絞りのあるパイプに流体が流れている。絞りの前後の圧力差 P 1 – P 2 を表す式はどれか。
ただし、流体の密度を t、絞りの前の流速を v 1、絞りの後の流速を v 2 とし、完全流体が定常流で流れているとする。
1.1/2 tv12
2.1/2 tv22
3.1/2 tv1v2
4.1/2 t(v12-v22)
5.1/2 t(v22-v12)
正解5

31-83 図のように 1 本の管から 2 本の管が分岐して内部に非圧縮性流体が流れているときに成り立つ式はどれか。
ただし、p を圧力、v を流速、Q を流量とし、全ての管の断面積は等しいとする。
a.p1 =p2 +p3
b.v1 =v2 +v3
c.Q1 =Q2 +Q3
d.v12 = v22 + v32
e.Q12 = Q22 + Q32
1.a、b 2.a、e 3.b、c 4.c、d 5.d、e
正解3


医用機器工学
ME国家試験
MEトップページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました