結合

結合について

結合

29-90 ポリエチレンの骨格である炭素と炭素間の結合はどれか。
1.ファンデルワールス結合
2.共有結合
3.金属結合
4.水素結合
5.イオン結合


1.ファンデルワールス力(静電引力)による分子間の結合。
2.価電子を共有することによる分子内の結合であり、非金属原子間に形成されることが多い。有機化合物の炭素骨格は共有結合。
3.金属原子から自由電子が遊離して陽イオンとなり、金属原子の陽イオンと自由電子が静電引力によって引き合う結合。
4.電気陰性度の大きな2つの原子間に水素原子が介在することによって生ずる、引力的な分子間相互作用である。
5.陽性の原子から陰性の原子へ価電子が移動し、生成した陽イオンと陰イオンがクーロン力で引き合う結合。
正解2

29—89 正しいのはどれか。
1.mol は浸透圧を表す単位である。
2.pH は水素イオン濃度の逆数の常用対数である。
3.一般に温度が高いほど化学反応速度が遅い。
4.酸化とは電子を受け取ることである。
5.還元とは酸素と結合することである。
正解2


31—90 化学結合の強さの順番で正しいのはどれか。
1.金属結合>ファンデルワールス結合>共有結合
2.ファンデルワールス結合>共有結合>金属結合
3.共有結合>ファンデルワールス結合>金属結合
4.金属結合>共有結合>ファンデルワールス結合
5.共有結合>金属結合>ファンデルワールス結合
正解5

生体物性材料工学
ME国家試験
MEトップページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました