循環補助の要点

生体機能代行装置学 体外循環装置 補助循環法 循環補助について

循環補助

IABP:圧補助
PCPS(percutaneous cardiopulmonary support):流量補助
重症心不全にたいする補助人工心臓
補助人工心臓
LVAD左心(左室)補助
RVAD右心補助
Bi-VAD両心補助

体外設置型:拍動型
植え込み型:無拍動型




IABP(intraaortic balloon pumping)大動脈バルーンパンピング
バルーンカテーテル
下行大動脈に留置
心臓拡張期にバルーン拡張
拡張期圧の上昇
冠動脈血流の増加
末梢循環改善
後負荷軽減
心仕事量の減少
IABPの補助能力は心機能の10~15%程度
禁忌
MR、大動脈瘤、大動脈解離
合併症
腸管虚血 大動脈解離 血小板数の減少 細菌感染
効果冠動脈血流増加
後負荷軽減
適応心原性ショック
人工心肺離脱困難
開心術後心拍出量症候群(LOS)
切迫心筋梗塞
難治性心室性不整脈
PCI、OPCABGの予防的使用
IABPの効果(カウンターパルセーション)
ダイアストリック・オーグメンテーション(diastolic augmentation)効果
シストリック・アンローディング(systolic unloading)効果



PCPS経皮的心肺補助法
適応
心原性ショック、術後急性心不全、重症不整脈、
禁忌





生体機能代行装置
ME国家試験
MEトップページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました