血液浄化療法の目的の要点

血液浄化療法の目的について

血液浄化療法の目的

腎臓の役割
①体内代謝産物の排泄:BUN、クレアチニンの除去
②体液の量と成分の調節:電解質の調整、過剰な水分の除去
③体液のpHの調節
4エリスロポエチン、レニンの分泌や活性型ビタミンDなどのホルモンの産生
5血圧調整
除去、調節
(血液透析)
①体内代謝産物の排泄:BUN、クレアチニンの除去
②体液の量と成分の調節:電解質の調整、過剰な水分の除去
③体液のpHの調節
内分泌機能
(薬物療法)
エリスロポエチン、レニンの分泌や活性型ビタミンDなどのホルモンの産生

血圧調整
生体機能代行装置
ME国家試験
MEトップページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました