心臓の解剖と生理

スポンサーリンク

心臓の解剖と生理について
解剖
SVC上大静脈
Superior Vena Cava
IVC下大静脈
Inferior Vena Cava
RA右心房
Right Atrium
TV 三尖弁
Tricuspid Valve
RV右心室
Right Ventricle
PA 肺動脈
Pulmonary Artery
RPA 右肺動脈
Right Pulmonary Artery
LPA左肺動脈
Left Pulmonary Artery
RS
(RSPV)
右上肺静脈
Right Superior Pulmonary Vein
RI
(RIPV)
右下肺静脈
Right Inferior Pulmonary Vein
RPV右肺静脈
Right Pulmonary Vein
LS
(LSPV)
左上肺静脈
Left Superior Pulmonary Vein
LI
(LIPV)
左下肺静脈
Left Inferior Pulmonary Vein
LPV左肺静脈
Left Pulmonary Vein
LA左心房
Left Atrium
MV僧帽弁
Mitral Valve
LV 左心室
Left Ventricle
AV大動脈弁
Aortic Valve
AAo上行大動脈
Ascending Aorta

活動電位と不応期

①Naイオンの流入で脱分極
②Naチャネルが閉口、Kチャネルが開口しKイオンが流出
③L型電位依存性Caチャネルの開口によりCaイオンが流入(収縮に必要なCaイオンが流入)Kチャネルはそのまま開口しているので一定(プラトー相)
④Kチャネルが開口し、Kイオンが流出(再分極) 静止している状態の心筋の細胞内は外部に対して、-80~-95mVの電位を保っている。(分極) 一定レベル以上の刺激を加えると細胞内の電位が20~30mVまで急激に立ち上がる(脱分極) 参考
https://pharma-navi.bayer.jp/adalat/pharmacist/basic/01/t01


—————————————
心臓について
PCIトップページ
MEトップページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました