人体の電撃反応

人体の電撃反応について紹介します。

人体の電撃反応

29—38 1 秒間の通電によって成人に影響を及ぼす商用交流電流の値で考えられないのはどれか。
1.電流による熱傷が起きる                  10 A
2.マクロショックで心室細動が生じる   200 mA
3.筋肉の不随意運動が生じる               30 mA
4.手で触れてビリビリと感じる             2 mA
5.ミクロショックで心室細動が生じる   10 nA
正解5

30-38 300kHz の交流電流を 1 秒間通電したときの感知電流の閾値[mA]に近いのはどれか。
1.30
2.100
3.150
4.300
5.500
正解4

31—37 電流に対する人体の反応について正しいのはどれか。
a.直接心臓に電流が流れ込んで起こる電撃をマクロショックという。
b.直流電流は交流電流に比べて生体組織に化学的変化を起こしにくい。
c.直接心臓に 10 nA の商用交流電流が流れると心室細動が誘発される。
d.体表面に 0.1 A の商用交流電流が流れると心室細動が誘発される。
e.最小感知電流閾値は 1 kHz を境に周波数に比例して上昇する。
1.a、b 2.a、e 3.b、c 4.c、d 5.d、e
正解5

32-40 電撃に対する人体の反応について正しいのはどれか。
1.体表から受ける電撃をミクロショックという。
2.直接心臓に 0.01 mA の商用交流が流れると心室細動を誘発する。
3.直流電流は交流電流に比べて生体組織に化学的変化を起こしやすい。
4.商用交流の離脱限界電流値は最小感知電流値の 5 倍程度である。
5.最小感知電流閾値は 50〜60 Hz を超えると周波数に比例して上昇する。




1.体表から受ける電撃をマクロショックという。
2.ミクロショックによる心室細動の危険のある電流値は0.1 mA である。
3.直流電流は長時間暴露によりイオンの偏りなどの影響によって細胞壊死が発生する。
4.離脱限界電流は最小感知電流値の 10 倍程度である。
5.感電閾値は 1 kHz を超えると比例して上昇する。
正解3

医用機器安全管理学
ME国家試験
MEトップページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました