医用電気システムの安全基準(JIS T 0601-1-1)

医用電気システムの安全基準(JIS T 0601-1)について紹介します。

医用電気システムの安全基準(JIS T 0601-1)

29—41 JIS T 0601-1:2012 で規定する保護接地線インピーダンス測定方法について誤っているのはどれか。
1.無負荷時の試験用電圧は 6 V 以下を用いる。
2.試験用電源の周波数は 50 Hz または 60 Hz を用いる。
3.試験用電流は 15 A を用いる。
4.保護接地線に最大電流を 5 〜10 秒間流す。
5.電圧降下法によりインピーダンスを算出する。
正解3

31—38 非接地配線方式の絶縁監視装置の警報が鳴ったときに、考えられるのはどれか。
a.地絡が発生した。
b.接地分岐線が断線した。
c.絶縁抵抗が 100 kΩ 以上になった。
d.負荷の消費電流の合計が 20 A を超えた。
e.多数の ME 機器が使用されていた。
1.a、b 2.a、e 3.b、c 4.c、d 5.d、e
正解2


医用機器安全管理学 ME国家試験 MEトップページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました