臨床工学技士と安全管理

臨床工学技士と安全管理について紹介します。

臨床工学技士と安全管理

29-39 臨床工学技士の業務で医師の具体的な指示が必要なのはどれか。
a.人工呼吸装置の回路の組み立て
b.動脈留置カテーテルからの採血
c.血液浄化装置の運転条件の変更
d.人工呼吸装置の運転条件の設定
e.高気圧酸素治療装置の消毒
1.a、b、c 2.a、b、e  3.a、d、e 4.b、c、d 5.c、d、e


a.人工呼吸装置の回路の組み立ては必要に応じて指示を受ける。
b.動脈留置カテーテルからの採血は指示が必要。
c.血液浄化装置の運転条件の変更は指示が必要。
d.人工呼吸装置の運転条件の設定は指示が必要。
e.高気圧酸素治療装置の消毒は必要に応じて指示を受ける。
正解4

31-40 臨床工学技士の業務に含まれないのはどれか。
1.動脈留置カテーテルからの採血
2.人工呼吸器の運転条件の設定
3.人工呼吸中の気管吸引による喀痰除去
4.血液浄化装置の先端部の内シャントへの穿刺
5.ペースメーカ植込み時のジェネレータと電極リードの接続

1.動脈留置カテーテルからの採血は業務に含む
2.人工呼吸器の運転条件の設定は業務に含む
3.人工呼吸中の気管吸引による喀痰除去は業務に含む
4.血液浄化装置の先端部の内シャントへの穿刺は業務に含む
5.ペースメーカ植込み時のジェネレータと電極リードの接続は医師のみ
正解5

医用機器安全管理学
ME国家試験
MEトップページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました