輸液ポンプ

輸液ポンプについて紹介します。

輸液ポンプ

29—36 輸液ポンプで誤っているのはどれか。
1.シリンジポンプは微量注入に適する。
2.滴下センサは赤外線を用いる。
3.ペリスタルティック方式には気泡アラームがある。
4.流量制御型では汎用輸液セットが使える。
5.与圧注入方式は小型軽量である。
正解4

31—34 正しいのはどれか。
a.シリンジポンプは大量急速注入に適する。
b.シリンジポンプには気泡アラームがついている。
c.輸液ポンプの滴下センサは赤外線を用いている。
d.流量制御型輸液ポンプでは専用の輸液セットを用いる。
e.携帯型ポンプには与圧注入方式がある。
1.a、b、c 2.a、b、e  3.a、d、e 4.b、c、d 5.c、d、e
正解5

32—34 輸液ポンプで誤っているのはどれか。
1.シリンジポンプは微量注入に適する。
2.滴下センサには赤外線が用いられる。
3.ペリスタルティック方式には気泡アラームがある。
4.流量制御型では汎用輸液セットが使える。
5.与圧注入方式は小型軽量である。
正解4

33-37 心臓血管作動薬の静脈内持続投与時に推奨すべきものはどれか。
1.ローラ型ポンプ
2.フィンガ型ポンプ
3.シリンジ型ポンプ
4.ボルメトリック型ポンプ
5.自然滴下式

正解3
医療治療機器学
ME国家試験
MEトップページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました