心筋保護

心筋保護について

心筋保護

31—73 人工心肺を用いた開心術中の心筋保護について正しいのはどれか。
a.細胞内液型心筋保護液のナトリウム濃度は細胞外液型より低い。
b.高カルシウム液で心停止を得る。
c.心筋保護液に血液を混じる場合には超低温がよい。
d.僧帽弁手術では選択的冠灌流が必要である。
e.逆行性冠灌流の場合には冠静脈洞から注入する。
1.a、b 2.a、e 3.b、c 4.c、d 5.d、e
正解5

32–73 心筋保護について正しいのはどれか。
a.送血回路から側枝を出し送血ポンプの圧力で注入する。
b.細胞内液型心筋保護液中の Na 濃度は細胞外液型より低い。
c.逆行性心筋保護では右室の心筋保護液灌流が不十分となりやすい。
d.血液併用心筋保護液では晶質液性心筋保護液より注入温度を低くする。
e.初回注入量の目安は 80 mL/kg である。
1.a、b 2.a、e 3.b、c 4.c、d 5.d、e
正解3

生体機能代行装置 ME国家試験 MEトップページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました