酸素療法装置の要点

酸素療法装置について

酸素療法装置

ベンチュリーマスクは供給される酸素がダイリュータごとに決められた孔によって引き込まれる空気の量が変化し、酸素流量によって一定濃度の酸素ガスを供給できる。そのため以下の式に準じて、設定する酸素濃度ごとに酸素流量が決められている。供給する酸素濃度を高濃度に設定するほど総流量は低下し、必要な純酸素の流量も上昇する。

総流量[L/min]=(100 -目標酸素濃度(%))/(目標酸素濃度(%) – 21) x 酸素流量[L/min]+酸素流量[L/min]

ハイフロー療法

ハイフロー療法
統一された呼称はない
経鼻高流量酸素療法、ネーザルハイフロー、High flow nasal cannula(HFNC)

装置
鼻カニューラ
流量計
酸素ブレンダ
加温加湿器

効果
精度の高い酸素濃度のガスを供給
解剖学的死腔から二酸化炭素を排出
軽度のPEEPによる肺胞リクールトメントの効果が期待される
呼気抵抗の軽減が期待される
加温加湿による気道分泌物排出促進が期待される
柔らかい鼻カニューラにより患者の快適性が保たれる

在宅酸素療法(HOT)
酸素供給用設備
液化酸素を用いる方法
医療用酸素濃縮器を用いる方法
酸素濃縮器:空気から高濃度の酸素を取り出す装置
濃縮方法
膜型:供給酸素濃度40%
吸着型:供給酸素濃度90%

吸着型酸素濃縮器構成
空気
→防塵フィルタ
→コンプレッサ
→冷却装置
→切り替えバルブ
→吸着筒→排気
→サージタンク
→除菌フィルタ
→流量計
→加湿器
→酸素濃縮空気
生体機能代行装置
ME国家試験
MEトップページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました