呼吸機能検査

呼吸機能検査について

呼吸機能検査

29-24 呼吸機能検査について正しいのはどれか。
a.スパイロメトリーでは残気量は測定できない。
b.肺活量は 1 回換気量+予備吸気量+予備呼気量で表される。
c. 1 秒率の低下は拘束性換気障害を示す。
d.肺拡散能の測定には二酸化炭素を用いる。
e.フローボリューム曲線の横軸は時間である。
1.a、b 2.a、e 3.b、c 4.c、d 5.d、e


a.スパイロメトリーでは残気量は測定できない。ガス稀釈法または体プレチスモグラフ法で測定する。
b.肺活量は 1 回換気量+予備吸気量+予備呼気量で表される。は正しい。
c. 1 秒率70%未満は閉塞性換気障害である。拘束性換気障害は%肺活量が80%未満の場合。
d.肺拡散能の測定には一酸化炭素を用いる。
e.最大吸気からの最大努力呼気を、縦軸:気流速度(フロー)横軸:肺気量(ボリューム)で示したもの。
正解1

30-24 肺活量の予測値を求めるのに必要な項目はどれか。a.身 長
b.体 重
c.BMI
d.年 齢
e.性 別
1.a、b、c 2.a、b、e  3.a、d、e 4.b、c、d 5.c、d、e
正解3

33-24 スパイロメータで測定できる肺気量はどれか。
a.残気量
b.肺活量
c. 1 回換気量
d.全肺気量
e.機能的残気量
1.a、b2.a、e3.b、c4.c、d5.d、e

正解3
臨床医学総論
ME国家試験
MEトップページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました