音響特性

音響特性について

音響特性

29-85 生体組織の音響特性インピーダンスが、脂肪組織で1.35×10^6 kg/( m2・s)、 筋組織で1.65×10^6kg/(m2・s)とすると、脂肪組織と筋組織との境界面での超音波の反射率(音波の振幅比:%)はどれか。
1.10
2.15
3.20
4.25
5.30


S=(Z1-Z2)/(Z1+Z2)=(1.65×10^6-1.35×10^6)/(1.65×10^6+1.35×10^6)=0.1
正解1

30—85 生体組織中に照射された超音波について正しいのはどれか。
1.周波数が低くなるほど組織中で指向性が高くなる。
2.周波数が高くなるほど組織中での減衰が増加する。
3.軟組織では空中での速度の 10 倍を超える速度になる。
4.骨の中を通り抜けるときは速度が遅くなる。
5.肺は音響インピーダンスが大きな組織である。


1.周波数が低くなると低くなる。周波数が高くなると指向性も高くなる。
2.周波数が高くなるほど組織中での減衰が増加する。正しい。
3.軟組織では空中での速度の 4~5 倍程度。
4.骨の中を通り抜けるときは速度が遅くではなく早くなる。
5.肺は音響インピーダンスが大きいではなく小さい。
正解2

生体物性材料工学
ME国家試験
MEトップページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました