核心温計測

核心温計測について紹介します。

核心温計測

31—29 体温計測について誤っているのはどれか。
1.電子体温計は測温体としてサーミスタを用いる。
2.予測式電子体温計は温度上昇曲線で体温を推定している。
3.深部体温計は熱流補償法を用いて核心温を測定する。
4.耳用赤外線体温計には量子型検出器が使われる。
5.サーモグラフは体表面の赤外線放射分布を画像化したものである。
正解4

33-31 耳式赤外線体温計について正しいのはどれか。
a.鼓膜から放射される赤外線を検出している。
b.核心温に近い体温が計測できる。
c.量子型赤外線検出器が用いられている。
d.体温の連続測定に適している。
e.外耳道に炎症があると測定値に影響を与える。

1.a、b、c 2.a、b、e3.a、d、e4.b、c、d 5.c、d、e

正解2

生体計測装置学
ME国家試験
MEトップページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました