生体と磁気

生体と磁気について

生体と磁気

30—86 生体の磁気特性について正しいのはどれか。

1.ヘモグロビンは非磁性体である。
2.心磁図は心筋の透磁率分布を表す。
3.神経伝導の際に磁界が発生する。
4.生体は都市の磁気雑音と同程度の交流磁界を発生する。
5.交流磁界は高周波になるほど生体深部に到達しやすい。

 

正解1or3

29—87 生体と磁気について正しいのはどれか。

a.生体の比透磁率は約 10 である。
b.脳磁図は脳活動に伴うヘモグロビンの磁性の変化を示す。
c.心筋の活動で生じる磁界は都市の磁気雑音よりも大きい。
d.MRI では生体内の水素原子核を電磁波で共鳴させている。
e.交流磁界は生体内に渦電流を発生する。

1.a、b 2.a、e 3.b、c 4.c、d 5.d、e

 

正解5

生体物性材料工学

ME国家試験

MEトップページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました