呼吸器の構造

呼吸器の構造について

呼吸器の構造

29-7 誤っているのはどれか。
1.右主気管支は左主気管支よりも短い。
2.中葉は右肺に存在する。
3.肺胞でガス交換が行われる。
4.気管は食道の背側を走行する。
5.胸腔は壁側胸膜と臓側胸膜に囲まれている。




1.右主気管支は左主気管支よりも垂直で短く太い。そのため、誤飲された異物は右主気管支に入りやすい。
2.中葉は右肺に存在する。左肺は2葉。右肺は3葉。
3.肺胞でガス交換が行われる。は正しい。
4.食道が気管の背側を走行する。
5.胸腔は壁側胸膜と臓側胸膜に囲まれている。は正しい。
正解4

30-6 正しいのはどれか。
1.嚥下するとき喉頭蓋は開く。
2.右肺は 2 葉からなる。
3.吸気時に横隔膜は弛緩する。
4.胸膜は臓側胸膜と壁側胸膜からなる。
5.左主気管支は右主気管支に比べ、より体の長軸方向に分岐する。


正解4


32-6 呼吸器の構造について誤っているのはどれか。
1.肋間動脈は肋骨上縁を走行する。
2.右主気管支の分岐角度(体軸に対しなす角)は、左主気管支よりも小さい。
3. 2 つの胸膜のうち肺側にあるものを臓側胸膜と呼ぶ。
4.気管の後壁は平滑筋よりなる。
5.水平裂は右肺に存在する。


1.下行大動脈からは9本の肋間動脈が分岐し、肋間隙上縁を走行する。
2.右主気管支の分岐角度(体軸に対しなす角)は、左主気管支よりも小さい。は正しい。
3. 2 つの胸膜のうち肺側にあるものを臓側胸膜と呼ぶ。は正しい。
4.気管の後壁は平滑筋よりなる。は正しい。
5.水平裂は右肺の中葉と上葉を分ける。
正解1




医学概論
ME国家試験
MEトップページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました