麻酔器

スポンサーリンク
麻酔器について

麻酔器

麻酔器とは
 酸素、空気に笑気や揮発性吸入麻酔薬を加えて患者に投与し、安定した呼吸管理を行う機械

麻酔器の構造

基本的な回路は人工呼吸器回路と同様です。
人工呼吸器の動力を利用して吸気にガスを送り込み、患者から吐き出された呼気が呼吸回路内に戻ってきて、呼気ガスは専用の余剰ガス排気システムにて吸引・破棄されます。
患者から吐き出された呼気ガスを再利用し、必要最小限の麻酔薬の投与で麻酔をかけられるシステム(低流量麻酔)が主流となっており、この回路を循環式呼吸回路と言います。
この循環式呼吸回路は、患者から吐き出された余剰ガスを再利用することで、患者に投与する空気が循環している仕組みです。
しかし、患者から吐き出された余剰ガス(呼気)にはCO₂が多く含まれています。
空気を再利用するにもCO₂を除去しないと、患者さんが再度CO₂を吸い込んでしまうことになります。
そのため、呼気中に含まれるCO₂を吸着する素材である「ソーダライム」を循環式呼吸回路内に設置し、強制的にCO₂を取り除くシステムが搭載されています。
この部位の名称を「キャニスタ」と呼びます。
キャニスタは一般的に円柱型の筒のような形状をしており、このスペースにソーダライムを入れ、キャニスタに呼気ガスを流すことでCO₂を除去したガスが生成されます。
しかもこのソーダライム、吸着するのはCO₂だけなので、呼気中に含有された麻酔ガスは残ったままとなります。
そのため、新たに投与すべき気化麻酔の量を減らすことができるのです。
麻酔薬は劇薬指定されている薬であり、決して人体に良い薬ではありません。
可能な限り必要最低限の量で麻酔ができれば、患者さんに悪影響を及ぼすリスクも少なくなります。

麻酔


全身麻酔
局所麻酔
脊椎くも膜下麻酔
TLA麻酔(低濃度大量浸潤麻酔(tumescent local anesthesia))

サドルブロック
外科、泌尿器科;高比重(下へ行く)
整形外科;等比重
ルンバール症候群;頭痛(若い人に多い)

吸入麻酔
スープレン デスフルラン
セボフルラン

全身麻酔の役割

筋弛緩
眠らす
痛みとる
麻酔器
駆動
ピストン式
モーター式
GE ベローズ式
メーカー
アコマACOMA Amesirataor A65
ドレーゲルDrager Fabius Tiro
GE (Datex OHMEDA AESTIVE/5)

GEエスティバ7900

Drager Fabius Tiro

ACOMA Amesirataor A65

カプノメータ

Et Control(end-tidal control)

——————————
OP室トップページ
臨床工学技士国家試験
MEトップページ 参考 https://www.mera.co.jp/column/8509/

GEエスティバ7900 https://medical-space.co.jp/wp-content/uploads/2020/11/ge-7900.pdf ACOMA
製品情報 | アコマ医科工業株式会社 
アコマ麻酔システム-anespirator-a65/?atte=1

コメント

タイトルとURLをコピーしました