コード

このページでは、ペースメーカコードについて紹介します。

ペースメーカコード

ペースメーカーは、適応となる疾患により異常となる部位が異なるため、心臓を刺激する部位(ペーシング部位)、心臓の刺激を関知する部位(センシング部位)、作動様式を変えて設定する必要がある。 シングルチャンバー方式
デュアルチャンバー方式

1文字目
ペースメーカーが電気的に刺激する部位を示す=ペーシング部位
A(Atrium):心房
V(Ventricle):心室
D(Dual):心房と心室の両方
O(None):なし

2文字目
自己心拍を感知する部位を示す=センシング部位
A(Atrium):心房
V(Ventricle):心室
D(Dual):心房と心室の両方
O(None):感知機能なし

3文字目
自己心拍を感知したときにペースメーカーがどう反応するのかを示す=作動様式
I(Inhibited):抑制 心臓の興奮を感知した場合に、刺激を抑制する
T(Triggered):同期 心臓の興奮を感知した場合も、同期して刺激を出す
D(Dual):IとT両方の機能をもつ。
O(None):感知機能なし 4文字
プログラム機能、作動のしかた
M:Multi-programmable
C:Communicating
R:Rate Response 5文字
抗頻拍機能 レート応答
P:Pacing
S:Shock
D:Dual
O:None よく使われるモード
 刺激感知作動
VVIVV抑制
AAIAA抑制
DDDDD抑制+同期
VDDVD抑制+同期
DDIDD抑制
VOOVOなし
NBGコード
NBG:The North American Society of Pacing and Electrophysiology and British Pacing and Electrophysiology Group (NASPE/BPEG) Generic Pacemaker Code.
刺激感知作動応答抗頻拍機能
OOOO
AATMP
VVICS
DDDRD
AAI
As Ap
VVI
Vs Vp
DDD
As-Vs As-Vp Ap-Vs Ap-Ap
VDD
As-Vs As-Vp Vp
DDI
VOO



ペースメーカのトップページ
MEトップページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました