刺激伝導系

刺激伝導系

1洞結節(sinus node)
2房室結節(atrioventricular node)
3ヒス束(His bundle)
4右脚、左脚(right bundle branch, left bundle branch)
5プルキンエ繊維(Purkinje fiber)
洞結節(sinus node)
右心房と上大静脈の移行部に存在する細長い三日月形の組織
洞結節の中心部のペースメーカ細胞が自発的かつ周期的に興奮
房室結節(atrioventricular node)
右心房下部の冠状静脈入口部近くで三尖弁輪に接して存在する卵円形の組織
房室結節を構成する各細胞は複雑に枝分かれし網目状の構造
ヒス束(His bundle)
房室結節の下部にある繊維の束
三尖弁輪を貫いて、心室中隔を少し前方に向かって走行
右脚、左脚(right bundle branch, left bundle branch)
右脚:右心室の中隔心内膜面に現れ心尖部に向かって下行
   その後右心室の自由壁に広く分枝し、末梢部はプルキンエ繊維へと移行
左脚:(不明)2束枝説
   His束が心室中隔前方走行間に、左脚前枝と左脚後枝に分岐し左心室中隔心内膜面を下行
プルキンエ繊維(Purkinje fiber)
左右の心室壁に網目状に広がる
左右の脚からの興奮はこのプルキンエ繊維から心室固有筋へと伝わる


ペースメーカのトップページ MEトップページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました