副甲状腺疾患

副甲状腺疾患について

副甲状腺疾患

29—14 正しい組合せはどれか。
1.副甲状腺ホルモン Ca 低下と P 上昇
2.活性型ビタミン D Ca 低下と P 上昇
3.カルシトニン Ca 低下と P 上昇
4.副甲状腺ホルモン Ca 上昇と P 低下
5.活性型ビタミン D Ca 上昇と P 低下



1.副甲状腺ホルモンは血中カルシウム濃度を上昇させ、血中リン濃度を減少させる。
2.活性型ビタミンDは血中カルシウム濃度を上昇させ、血中リン濃度も上昇させる。
3.カルシトニンは血中カルシウム濃度を減少させ、血中リン濃度も減少させる。
4.副甲状腺ホルモン Ca 上昇と P 低下は正しい。
5.活性型ビタミンDは血中カルシウム濃度を上昇させ、血中リン濃度も上昇させる。
正解4

31-15 副甲状腺能低下症の合併症はどれか。
a.尿石
b.多飲・多尿
c.胃・十二指腸潰瘍
d.高リン血症
e.テタニー症状
正解5

臨床医学総論
ME国家試験
MEトップページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました