雑音対策と信号処理

雑音対策と信号処理について

雑音対策と信号処理

29-27 雑音対策について誤っているのはどれか。
1.電源線から混入する雑音の除去にラインフィルタが使われる。
2.商用交流雑音を除去するためにハムフィルタが使われる。
3.周波数の低い雑音の除去には移動平均が使われる。
4.信号の入力導線にはシールド線が使われる。
5.不規則雑音の除去には加算平均が使われる。


1.電源線から混入する雑音の除去にラインフィルタが使われる。は正しい。
2.商用交流雑音を除去するためにハムフィルタが使われる。は正しい。
3.移動平均法とは信号が幾重にも重なっている場合、その細かな変動を取り去って滑らかな変化を導出する方法である。基線の動揺やドリフトなどによる低域周波数の雑音除去には高域(通過)フィルタが使用される。
4.信号の入力導線にはシールド線が使われる。は正しい。
5.不規則雑音の除去には加算平均が使われる。は正しい。
正解3

30-26 信号処理について正しい組合せはどれか。
a.周波数解析   フーリエ変換
b.SN 比改善    加算平均
c.信号平滑化   微分演算
d.輪郭強調      積分演算
e.面積計算      移動平均
1.a、b 2.a、e 3.b、c 4.c、d 5.d、e
正解1

31-27 雑音対策について誤っているのはどれか。
1.信号の入力導線にシールド線を使用する。
2.入力導線をまとめると電磁誘導による交流雑音が軽減できる。
3.ディジタルフィルタは演算によって雑音を除去する。
4.不規則雑音の低減化には加算平均を使用する。
5.高周波雑音はハムフィルタで除去する。

正解5

31—26 心電図成分で高域通過フィルタの時定数を小さくすると最も影響する部分はどれか。
1.P
2.Q
3.R
4.ST
5.T
正解4

33-26 商用交流雑音の対策として誤っているのはどれか。
1.測定器の電源回路にラインフィルタを挿入する。
2.測定器の接地端子と接地極を接地線で接続する。
3.ベッドと接地極を接地線で接続する。
4.信号線はシールドを施したものを用いる。
5.患者とベッド間のシールドマットを接地極に接続する。

正解1
生体計測装置学
ME国家試験
MEトップページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました